大阪府の公募採用した人物のお粗末さが続行中?

前代未聞のセクハラ部長を公募採用した大阪府が揺れている?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131214-00000552-san-soci

笠原哲・府商工労働部長の採用理由。

「松井知事は当時、「金融業界が長く、経済動向を

見極められる。

校長として人を育てた経験もある」とあることで採用している。

庁内の部署では笠原氏の手腕に対する評価は低い。

男性職員からは「『やり手』というよりもなんとか最低限の

仕事ができたらいいという感じ。」と・・・

商工労働部といえば、府が大阪市と共同で国に提案している

国際戦略特区を担当するように「花形部署」とされている。

今回は懲戒処分を受けたのに、依願退職ということで

退職金約170万円と冬のボーナス約30万円の

計約200万円が予定通り支給されるとのこと。

税金がこんな使い方では府民は納得できない。

そもそも学歴・経歴で人を評価するが果たしてそれだけで

世のために役立つかといえば、仕事上の能力や

ライセンスだけでも企業・組織に利用価値はある。

しかしながら人間である以上は瑕疵・過失は起きることがる。

だからこそ責任を問われれば出処進退は明確に、

かつ賞罰を厳然と執行するべきではないのか!

松井知事・橋下市長のコンビの改革路線も足下の

イノベーションが問われていると指摘しておきたい。

by 心とからだのカウンセラー

コメント


認証コード0689

コメントは管理者の承認後に表示されます。