希望の党は絶望的な船出を迎えた。ホントか?

希望の果てに?

「自らの意思で希望の党からの出馬を選択したにもかかわらず、小池氏批判に明け暮れれば、世論の視線はさらに厳しくなるとの危機感も広がる。」と産経新聞にもあるが、
http://www.sankei.com/politics/news/171025/plt1710250057-n2.html

民進党出身者の言い分が事実だとしたら、身勝手の誹りを受けてもよいのではないか?

絶望から希望を選び託したのは誰なのか?自覚も必要と思う。

無責任な政治家・政党は必要ないと有権者として言いたい。

コメント


認証コード9952

コメントは管理者の承認後に表示されます。