感染症が引き金にシニア世代は蘇生する?

希望の大道

あれもこれもと思いをかけてここまで来たが、やらねば・・・が軸だと心身共にストレスになる。

風邪や感染症にかかることも免疫力の低下かと思うことがある。
インフルエンザの菌が臭覚神経細胞を脱失させられた昨年。専門医は「回復は厳しい。」だが8カ月目に自己治癒力を発揮?して回復させた。エヘン!(笑)

眼の調子がおかしい?専門医院で「複眼です。目の精密検査では白内障が少しあるようですが、治療の必要はない。病名は神経麻痺」これは2か月で全快した。

免許更新も出来て、クルマで逆走とのTVに乗っかるような事故もなく(笑)、2日間にわたり東京中を半周した。同級生に同窓会の案内、お客様宅、友人宅と無事走行することもできた。

パソコンでネットビジネス構築も7年目に入った。
このサイト含めホームページも2本自分でHTMLから制作してきた。
ブログは20本ほど自作で運用中。
https://ameblo.jp/mr-leon1024/
そのほかには
facebook と youtube 
https://www.facebook.com/kan.ishii3
https://www.youtube.com/user/RAKURAKUKUN2030

広告はFBで2本、adwords.google や twitter 掲載する。
https://www.facebook.com/kanishii20301118/?pnref=lhc
https://www.facebook.com/mmtvsmenkencam/?pnref=lhc

心理カウンセラーでネットでは「心とからだのカウンセラー」として多くの人とリアルタイムで関わり続け「健康と幸福招来を願い」としている。 https://twitter.com/maketaraakan
https://twitter.com/mmtdegenki 2本を日々更新中です。

朝からはラジオ体操、就寝前は世界文学全集・目下「戦争と平和」再読中。結びに「仏書拝読」そして筋力・柔軟体操、気を溜めて瞑想と自他共の健康福幸を祈りが365日の私です。

ともあれそんな生活ですが、今あらためて思うことがあります・・・

頑張り屋さんもしたいこと、やりたいこと、好きなことだと一番幸せになれる。
今、そうだな、それでいいのだと感じます。

私も妻も青春時代から精進精進と自らと関わる人々を励まし続けてシニア世代まで来ました。もともと無意識にではありますが、「ストレスに強いタイプと自他共に自負」していますが、ドクターの所見で「体がまいっています。もう少しゆっくりされたらどうですか、働き過ぎ、頑張りで体が悲鳴を上げているようです。」40代、50代、そして今の世代で人生で3回、同じ言葉を総合病院の精密検査・問診で言われました。

そうか?自分は人並み以下の頑張り不足?との認知であれもこれもだとか、もっとこうありたい等々、緊張感を常に持ちながらの人生だったなと。

決して他人と比べることはなかったが、自分自身への問いかけは青春から今日までのあり方だった感じがする。
妻も同様な生き方で地域活動・ボランティアと嬉しいことだが、孫の世話等々加齢とともに多忙をきわめているが、体が休息治療求めている状況です。

自己卑下することはないが、境涯の不足が常に目標へのバネになり励みとしてきた。頑張りすぎの、妻へは自分自身へのご褒美として安息をしてもらいたいと願っている。

夫婦で145歳を迎えたいま、「人生は今が旬!」として味わいつつ、「人生は今日からが本番!」を新たな挑戦に自己愛を具体にして行こうと語りあい無病息災を祈っている。

あわせて皆様の健康寿命を祈りつつ・・・感謝合掌

取り留めもない文を終わりまでお読みいただきありがとうございます。

#metaru mega MMCスッキリリング 健康楽々くん

コメント


認証コード4173

コメントは管理者の承認後に表示されます。