差異を認め合い「共存共栄の新時代」をめざせ!

「各地の活動家が公安当局に申請した

反日デモはすべて却下されたという。

共産党関係者は「前最高指導部メンバーの

汚職疑惑を抱えている習近平指導部はいま、

国内の安定を最優先にしている。」との記事は

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131229/chn13122922200008-n1.htm

真実どこまでかは存知しないが、他国を批判し

行動することで人民の政府批判の矛先を

回避させてきたとの報道も多くある。

人口の上でも大国だが、急速に経済力を力に

軍事力強化を進めている中国が世界の中で

安定した発展を継続していくためには、

私自身が思うのはただ一点である。

それは「世界平和にどれだけ具体に貢献する

かである」と思う。

侵略せず、自国のためにのみ言動を繰り返さず、

相手軸、相手国のために尽くせる慈愛の国に

なれればこそ、中国もまた発展していけると言いたい。

まさに21世紀は「共存共栄の新時代」を築き、

かけがいのない地球環境を守りつつ、全人類共有の

課題を解決していく率先垂範のリーダーシップが望まれる。

「戦争と平和」は今もこれからも最大の課題である。

中国もまた一人の人間と同じく、人徳・品格・見識ある

人間性豊かな国へ成長するときではないかと感じている。

by 心とからだのカウンセラー 石井 寛

コメント


認証コード0118

コメントは管理者の承認後に表示されます。