心の健康、メンタルヘルスとは?

メンタルヘルスって? ”心の健康”が記事になっていた。

特に企業における”メンタルヘルス”対策が

日本が一番遅れているとあった。

うつになる人、ならない人。

「健康的・楽観的な態度、希望、コントロール」

との調査・研究論文の内容に感ずることが多かった。

とりわけて、楽観的な者に比して、悲観的な者より健康だったとあった。

何をもって、楽観的、悲観的かは、

3つの判断基準(メルクマール)があるそうです。

1.望ましくないことが起きたときに、自分自身が原因と感じるか、

外に原因あると感じるか。

2.長期的、永続的に解釈するか、短期的、一時的に考えるか。

3.そのことに限定して考えるか、拡大して考えるか。

ともあれ、頑張って働いた人を認めてあげること!

成果主義だと頑張った過程は認められない。

大切なことは、仕事の過程に対する”メンタルヘルス”

が経営者・管理者にあるかどうかが、

今、問われていると・・・

その通りだと経験を通して実感している。

ちなみに、わたしは、自分を含めて、関わる人には、

このことを大切に、常に心の中心軸にと、努力している。

青年時代・実年時代不遇であることが、”夢を持つ人”には

必須条件とさえ確信をもって言える!

自己肯定し続けて、悔い無き人生を、共にめざしたいと思う♪

今日この頃です。

からだの痛みは血流改善から大きく変化することも、

体験のご報告から希望が広がります。

コメント


認証コード7847

コメントは管理者の承認後に表示されます。