ひざが変形性関節痛で辛い

関節痛とヒアルロン酸の治療に思う。

  • 関節痛の原因のひとつに、関節の軟骨が減り、関節液が減少(ヒアルロン酸が減少)することにより関節が痛くなるのですが、一般的な治療法としては、関節内にヒアルロン酸を注射することで痛みを和らげる方法があります。
  • しかしながら何回も打ちすぎると効果が薄れてくると言われています。
    ともかく痛みを解消したい為に即効性を重視するのであれば、「関節内注射」が有効とされています。
  • 日常生活上で我慢できないほどの痛みでもなく、また通院することが、距離・時間等で辛いということであれば、ヒアルロン酸のサプリメントの活用も考えられます。ただし成分等の注意が必要とされています。
  • それにしましても近年の団塊の世代の高齢化が進んで「ひざ痛の原因」で一番多いとされる「変形性膝関節症」です。
  • 一般的な膝の病気は、リウマチ、半月板損傷、変形性膝関節症が知られていますが、「ひざの三大病」ともいわれるようです。
  • 現実生活では、ひざに痛みを感じる人では、おおむね「変形性膝関節症」である場合が多いと整形外科医師にお聞きしました。
    変形性膝関節症は、痛みを我慢して、放置していると「ひざ関節」が変形して激痛みを引き起こす病気と教わりました。
  • ひざが変形してしまうほど厳しいJ症状を引き起こすその原因は、ひざ関節の骨と骨が接する部分のことですが、実際には骨同士が直接にしているわけではなく、「軟骨」という滑らかな部分が骨の両端をおおうことでクッションの役目をしているそうですので、ようするに“骨と骨が直にぶつからないようになっているということなのです。
  • わかりやすく言えば、“ひざ”を曲げたり伸ばしたりといった動作がスムーズにできるのは、軟骨の存在があるからなのです。
    ところがひざ関節の軟骨は、厚さがとしてはわずか3~4mmという極めて薄いし、それが加齢共に酷使、体重過多などが加わることで、すり減ってしまうことになります。
  • その軟骨がすり減ると骨同士が接触しやすくなるので、ののために炎症を起こしたり骨の位置がズレることが起きやすくなるというのです。
    このような状態になることを「変形性膝関節症」なのだそうです。
  • 友人の大阪市のKさんや知人のHさんの場合は「変形性膝関節症」の手術後、ヒアルロン酸注射・整体・マッサージ・温浴・貼り薬・各種サポーター等々でたいさくをしてきたようですが、難儀なことに一時しのぎだったようです。
  • 日常生活上では痛みを伴うことで歩行や特に階段の乗降には相当な負担と痛みがあったとのことでした。
  • それが劇的な変化があった体験から口コミを含めてご活用頂いている製品が2012年の秋に特許取得いたしました。
  • 一般的には、血行が良くなることで痛みが軽減されることもありますので、よろしければ特許「新素材・のメタルメガ炭素製品 健康楽々くん」【ひざ用健康布製ベルトまたはシリコン製リング】をお試しください。

ホームページURL: http://metaraku.com/index.php?%3Bkoshi-hiza-ashiseihinご検討ください。